「スコアー」

ロバート・デ・ニーロ。
ほんとにあんな風に金庫をあけられるのかしら?
でもやっぱいいなあ。
なんとか解明したいな、あの凄さ。

スポンサーサイト

2015年04月30日 未分類 トラックバック(0) コメント(0)

「マキシマム・ソルジャー」

アクションすごかったね。
でも悪役のひとはああしないほうがいいような気がしたな。

2015年04月28日 未分類 トラックバック(0) コメント(0)

「ファンシーダンス」

周防監督。
お坊さんの話。
型の美しさ。
何百年も同じことを続けていく凄さ。

2015年04月28日 未分類 トラックバック(0) コメント(0)

「ギャングバスターズ」

めちゃくちゃながらも、どこか切なさのあるセリフ。
きっといい終わり方。

2015年04月27日 未分類 トラックバック(0) コメント(0)

「アンストッパブル」

まさに止まらない。
実話を元にしているらしい。
興奮して、こっちも緊張した。
最後は、なんとも優しい気持ちになれた。
真剣に生きないとね。

2015年04月26日 未分類 トラックバック(0) コメント(3)

「ダイアナ」

なんとも寂しい。
外から皇室に入るというのは、やはり大変だよね。
古事記を読んでみた。

2015年04月25日 未分類 トラックバック(0) コメント(0)

「ナチスが最も恐れた男」

ノルウェーのナチスへの抵抗。
戦争というものは本当には解決しないなあ。
また、50年後にはやっていたりしないことを祈るばかりだ。

2015年04月24日 未分類 トラックバック(0) コメント(0)

「ガタカ」

遺伝子でなんでもわかる世界。
そう遠くはないよね。

2015年04月23日 未分類 トラックバック(0) コメント(2)

「ワイルド・スピード」

なんか凄いね。
CGも使っているのかな。
車好きの人にはたまらないだろうね。

2015年04月22日 未分類 トラックバック(0) コメント(0)

「オースティン パワーズ  ゴールドメンバー」

相変わらず徹底的にくだらない。
そこがいいね。

2015年04月20日 未分類 トラックバック(0) コメント(0)

桂米朝さん

図書館で「変わり目」があったので借りてみた。
めったくそおもしろい。
かなり勉強になるね。
ちょっと覚えてみよう。

2015年04月19日 未分類 トラックバック(0) コメント(0)

「NY 結婚協奏曲」

ユマ・サーマン主演。
大きいんだね。
なんともチャーミング。

2015年04月18日 未分類 トラックバック(0) コメント(0)

「そして、父になる」

凄いね~、やはり是枝監督。
とても痛かったけど、愛があり、分かち合い。
世の中のことってなかなか簡単に答えは出ないから、
考えなくてはいけない。
今日まで読んでいた本「灰色の虹」貫井徳郎さん。
これまた冤罪という深いテーマ。
ヒューマンエラーは必ずあるわけだから、
その対処の仕方、姿勢が大切なのかな。
でも、当事者はそんなに簡単ではないよね。

2015年04月17日 未分類 トラックバック(0) コメント(0)

横浜で撮影

昔から気にかけて頂いている方との楽しい時間。
今までにない役柄を頂き、余すところなく自分のやれることをやった。
喜んで貰えたようだった。
自分も楽しかった。
新しい局面が見えた気がする。

2015年04月16日 未分類 トラックバック(0) コメント(0)

昭和芸能社

笹塚ファクトリー。
ヘビーな内容だったけど、なんか一年半溜まったものを吐き出していた感じ。
エネルギーあるよね。

2015年04月15日 未分類 トラックバック(0) コメント(2)

「レイジング・コップス」

お陰様で

十津川警部、なかなか良かったそうです。
みなさま、ありがとうございました。
次に繋がる作品になりました。

2015年04月13日 未分類 トラックバック(0) コメント(0)

「デュー・デイト」

おもしろい役者さんは沢山いるものだよ。
ハチャメチャコメディー。
楽しませて頂きました。

2015年04月12日 未分類 トラックバック(0) コメント(0)

「カオス」

ジェイソン・ステイサム。
いいねえ。
よめない展開。
カオス理論に興味を持ったのでちょっと勉強してみようかと思う。

2015年04月11日 未分類 トラックバック(0) コメント(0)

2015年4月13日

TBS 21時~
西村京太郎サスペンス
十津川警部シリーズ54
『サンライズ出雲の女 消えた似顔絵の女』
また出して頂きました。
お時間ありましたらご覧下さい。

「クライアント リスト」

実話をもとに。
生活苦から風俗へ、ドラッグ、逮捕、…。
きっかけは家族の生活のため、から、自分の欲望の為に変わっていく。
どこでストップをかけるべきだったのかなあ。
それとも最初から選択肢が違ったのかな。
どこかに相談すべきだったのかな。
同じではないにしろ、人生の中では選択一つで流れが変わって行ってしまう気がする。
かと言って全て解って選択できるわけではないんだけど・・・。

2015年04月10日 未分類 トラックバック(0) コメント(3)

ワーサルシアター

JAEの13回公演「ファミリー タイズ」
8本のオムニバス。
ほっこりな感じ。
知った顔がいっぱいだった。

2015年04月09日 未分類 トラックバック(0) コメント(0)

「夕日のギャングたち」

イタリア。
メキシコの革命を通してアイルランドの革命かとギャングの友情物語。
なんとも複雑。
長いけど、この二人はなんとも味わい深い役者さんだった。

2015年04月08日 未分類 トラックバック(0) コメント(0)

「エンド オブ ウォッチ」

記録映像などを交えたドキュメントタッチな警察もの。
おもしろかったね。
最後も悲しいけど、意外な展開で楽しませてもらった。

2015年04月07日 未分類 トラックバック(0) コメント(0)

「とてもうるさくて、信じられないほど近い」

9・11に基づく少年の話。
きついけど、遺していかなくてはいけないんだろうね。
親の愛。
また見つかった、永遠が。

2015年04月06日 未分類 トラックバック(0) コメント(2)

明治神宮試写会

生憎の雨の中、映画「ねぼけ」の試写会に多くの方が集まってくれました。
心から感謝します。
評判はどうなのだろう。
でも、舞台挨拶の感じでは良いかな。
ここからがスタートだね。
撮影からもう一年が経ってしまった。

2015年04月05日 未分類 トラックバック(0) コメント(0)

「グロリア」

人生の出会いの深さを感じる。
偶然のようで自分次第なのかな。

2015年04月04日 未分類 トラックバック(0) コメント(0)

「麒麟の翼」

教えるということの大切さ。
物事の価値。
日本独特の”まず、謝る”という気遣いが世界では通用しなくなっているのが、
寂しいよね。
この間、白鵬が行事にケチをつけたと言ってバッシングされてて、
昔、貴乃花がほとんど喋らないといってバッシングされてたのを思い出した。
”中庸”ということなのかね。
人間だもの、いいじゃんねえ。

2015年04月03日 未分類 トラックバック(0) コメント(2)

「バッド・ティーチャー」

キャメロン・ディアス主演。
ハチャメチャの中に愛がある。

2015年04月02日 未分類 トラックバック(0) コメント(0)

「レオン」オリジナル版

久しぶりに見直した。
大分、忘れていたけど、また新たなる発見や感動。
いい映画は何度見ても飽きないね。
「ねぼけ」もそんな作品になるといいね。

2015年04月01日 未分類 トラックバック(0) コメント(0)