『西郷どん』展

東京芸術大学美術館。
頂いたチケットだったけど、今回の楽しみは西郷さんの直筆「敬天愛人」が見られること。
流石に目玉なのか一番最後のほうにあった。
凄いなあ、やっぱり。
他にも孝明天皇の「忠誠」、徳川慶喜の「誠」など迫力ある書を拝見した。
重みというかまっすぐさというか・・・。
貫いてる感じがあったなあ。
想いが出ている気がした。
でも、日本の大転換期の大リーダーの絵も写真も残っていないのはミステリーだよね。
満腹、満腹。

スポンサーサイト

2018年07月04日 未分類 トラックバック(0) コメント(0)