「嘆きの天使」

昔のドイツ映画。
マレーネ・デイトリッヒのスクリーンデビュー。
切なく、悲しい物語だった。
ちなみにデイトリッヒは悪女。

スポンサーサイト

2013年07月17日 未分類 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する