「ハングリー・ラビット」

ニコラス・ケイジ。
先の読めない面白い話だった。
戦争もそうだけど、いかなる場合の殺人もいけないか?
家族を守るため、復讐は?
永遠に続くテーマだなあ。

スポンサーサイト

2014年08月24日 未分類 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する