「マjッチ工場の少女」

はまっているアキ・カウリスマキ。
ハッピーエンドを期待したが、なかなか難しいねえ。
もうちょっと考えて見ましょう。
でも、台詞が少なく厳選してあるなあという感じ。
それでいてこちらに気持ちが伝わるから凄いよね。

スポンサーサイト

2007年09月27日 未分類 トラックバック(0) コメント(1)

アキ監督は、「余計な演技をするな」と、いつも役者さんに言っているそうです。吉田さんの仰るとおり、それで気持ちが伝わってくるのがアキ映画の醍醐味なんですよね。
今回貼ったURLは、ファンページの、少女役のカティ・オウティネンの紹介部分です。ぜひ読んでみてください。多分びっくりすると思います。

2007年09月27日 タカコ URL 編集












管理者にだけ公開する