「チキンとプラム」

不思議な映像ながらもとても切なく、
運命の残酷さを感じた。

スポンサーサイト

2015年03月05日 未分類 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する