「そして、父になる」

凄いね~、やはり是枝監督。
とても痛かったけど、愛があり、分かち合い。
世の中のことってなかなか簡単に答えは出ないから、
考えなくてはいけない。
今日まで読んでいた本「灰色の虹」貫井徳郎さん。
これまた冤罪という深いテーマ。
ヒューマンエラーは必ずあるわけだから、
その対処の仕方、姿勢が大切なのかな。
でも、当事者はそんなに簡単ではないよね。

スポンサーサイト

2015年04月17日 未分類 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する