日本橋高島屋「山崎豊子展」

大好きな作家だった。
凄い取材量。
あそこまでとは、宿命だったのかな。
俺も一生懸命生きようと思った。
そして戦争というものを真剣に考えていかないと・・・。

スポンサーサイト

2015年10月02日 未分類 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する