七月か

王子小劇場にてロデオ ザ ヘブン
『大帝の葬送』
真知子や前回一緒だった百花さんも出演。
とても面白く興味深く拝見。
面白いところの着眼点だなあ。
上演台本ではなく、読ませる戯曲として書き直して
なにかに出したらなにかになるんじゃないかしら。

スポンサーサイト

2017年07月01日 未分類 トラックバック(0) コメント(2)

吉田さん、お疲れ様です☆7月に入ってからというものジメジメした暑い日々が続いてますがいかがお過ごしでしょうか?(^_^;)"読ませる戯曲"・・・あったら読んでみたいです(^^)最近とある方の戯曲を読んでみたくて購入したのはいいのですが、 戯曲(台本)ですので素人の私には原作を読んでから戯曲を読み始めた方がいいかなと思い改め、まずは原作を集めています(^_^;)上京する時の乗車時間が結構長いので、小説などの読書を戯曲に変えてみたらどうだろう?と思ったのがきっかけなんですけどね(^_^;)

2017年07月04日 つっちゃん♪ URL 編集

> 吉田さん、お疲れ様です☆7月に入ってからというものジメジメした暑い日々が続いてますがいかがお過ごしでしょうか?(^_^;)"読ませる戯曲"・・・あったら読んでみたいです(^^)最近とある方の戯曲を読んでみたくて購入したのはいいのですが、 戯曲(台本)ですので素人の私には原作を読んでから戯曲を読み始めた方がいいかなと思い改め、まずは原作を集めています(^_^;)上京する時の乗車時間が結構長いので、小説などの読書を戯曲に変えてみたらどうだろう?と思ったのがきっかけなんですけどね(^_^;)

自分も小説は好きで常に読んでいますが、戯曲はそんなには読んでいないですね。
シェークスピア等は一通り読みましたが、リチャード二世やら三世やらまったく覚えていません。
でも逆に芝居をみて興味がわいたものは読み直したりしますね。
本当にああいう表現かしらとか何か説明が足りないんじゃないかとか・・・。
そういう読み方は面白いですけどね。

2017年07月05日 emutomonori URL 編集












管理者にだけ公開する