FC2ブログ

紀伊国屋ホール「銀ちゃんが、逝く」

20年前、ここで自分がやらせて頂いた芝居。
あれから20年よく役者としていられたなと自分のことながら思う。
コロナがあり、受付、客席、劇場内、スタッフ人数、楽屋、・・・。
あらゆるものが変わり、今までの当たり前があらためてみると、
とても贅沢なものだったような気がする。
開演前、一ベルが鳴って、しわぶき一つしない客席。
人が集まること自体も難しいとなると、
どこかの独裁国家でもこんな息苦しい世界で日々を送っているのだなあと思う。
このあとにどんな世界が待っているのだろう。
芝居をやっていくうえで、この気持ちは忘れずにいようと思う。

スポンサーサイト



2020年07月26日 未分類 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する