FC2ブログ

城山三郎さんの

「イースト・リバーの蟹」を読む。
いつもは著名な人の人生を描いているんだけど、
今回はいろんな人々。
なんか痛いなあと思いつつも、自分もとか自分だったらどうする
と考えさせられる深い本だった。

スポンサーサイト



2009年01月27日 未分類 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する